バッグの布補強と修理

カバンは劣化するのが当たり前です。特に持ち手の部分はどうしても劣化しやすい部分です。重いものが入っていればもちろんのこと、摩擦によって持ち手の布や革の部分が切れてしまいます。そこに金具がついていれば、その金具も劣化することもあります。

布や革が破れて、中のものが見えたり、ひもがほどけたり、布についている金属が落ちる、つなぎ部分の金属が壊れることもあります。業者に頼むと、布や革と同じか近い色で補正してくれ、補強もしてくれ綺麗に仕上がってきます。

補強の場合は、まだ安いですが、新しく作り直す場合は割高になります。驚くほど、買った時に近いので、気に入られている人も多いです。その際に取っ手についている金属をかわいくしたり、インパクトをつけてもらえるように交換してくれることも可能です。

摩擦で縫い目が切れ、また布が出てきてしまったものは縫い直してくれます。縫い目が切れて穴が開いている場合も。縫い直してもらう場合も、もちろんですが、自分で縫い直すよりきれいに上部にしてくれます。見違えるように使い込んでないカバンに変身して帰ってくることもあるので、お気に入りのカバンは、劣化して壊れてきたら、修理してもらうと心機一転です。

続いては、バッグの金属部分の取り付けについて説明します。

(バッグの金属部分の取り付け)